【消費税増税】2019年10月1日からのヤフオク手数料の変更と有料オプションの終了について

こんにちは、サワダです。

 

このページでは2019年10月1日の増税とヤフオク!有料オプションの終了について解説します。

 

 

消費税10%への増税は、ヤフオクの手数料にも反映されます。

 

しかし、一律8%から10%に変わる訳では無いため利益計算の際に注意が必要です。

 

 

また、前日の2019年09月30日の11時より一部の有料オプションが終了しますのでしっかりと確認しておきましょう。

 

 

それでは早速、解説開始!

 

 

消費税10%に伴う各種手数料の変更

 

消費税10%増税に伴う、ヤフオク!手数料の変更は各サービスにより異なります。

 

 

順番に見ていきましょう

 

 

1. 注目のオークション

 

21.60円(税込)以上 → 22円(税込)以上 

 

 

注目のオークションとは、課金する事で検索上位に表示させる有料オプションになります。

 

 

この最低価格が、21.60円(税込)以上 → 22円(税込)以上に変更されます

 

 

単純に消費税分上乗せとなります。

 

 

オークション形式の商品の場合、1週間通して注目のオークションを利用する事があります。

 

特に人気カテゴリは、増税に伴いオプション料金が利益を圧迫しやすいので注意が必要になります。

 

 

2. ヤフネコ!パック、ゆうパックの料金

 

料金の変更なし

 

 

商品発送の際に匿名配送可能なヤフネコ!パック等はとても便利です。

 

 

こちらは増税された後も、出品者負担・落札者負担共に料金の変更はありません^^

 

これは出品者・落札者共に嬉しい対応です ワ━ヾ( o・ω)ノ゙ヾ(o・∀・o)ノ゙ヾ(ω・o )ノ゙━イ!!

 

 

恐らく、ヤフオク!が負担というより各運送会社の努力ではないかと思います (。 ・ω・))フムフム

 

 

3. Yahoo!プレミアム会員

 

498円(税込) → 508円(税込)

 

ヤフオク!の落札システム手数料を安くするYahoo!プレミアム会員は増税分上乗せされます。

 

増税しても10円しか上がらないので、個人輸入においてYahoo!プレミアム会員は加入のままで問題ありません。

 

 

Yahoo!プレミアム会員のサービスについては他の記事に詳細が記載してますので参考にして下さい。

ヤフオク!アカウントの登録方法

 

 

4. 落札システム利用料

 

・Yahoo!プレミアム会員
落札価格の8.64%(税込) → 落札価格の8.8%(税込)
 

・Yahoo!プレミアム非会員
落札価格の10%(税込)→ 落札価格の10%(税込)

 

落札システムの利用料は会員の種類によって異なります。

 

 

  • Yahoo!プレミアム会員:増税分上乗せ
  • Yahoo!プレミアム非会員:変わらず

 

となっております。

 

 

こちらも推測ですが、プレミアム非会員のシステム利用料が元々10%と切りが良いため、変更しなかっただけではないかと考えます。

 

 

Yahoo!プレミアム会員の方が増税分不利ですが、それでも比較すると手数料が1%以上も違うため有料会員登録のままの方が結果的に利益が残ります。

 

ちなみに落札代金10万円分販売したら有料会員登録の方が有利です^^

 

 

5. 出品取消システム利用料

 

540円(税込) → 550円(税込)

 

出品取消システム利用料は増税分上乗せされます。

 

 

出品取消システム利用料とは、商品を破損したなど販売できない状態になった時に出品したオークションを取り消すことが出来るシステムです。

 

自分は一度も使ったことが有りませんが、増税分上乗せされるんだなぐらい頭の隅に覚えておきましょう。

 

 

6. 料金体系が異なるカテゴリの出品・取り消し・システム利用料

 

3,024円(税込) → 3,080円(税込)

 

車や船、モーターボートなど大型の商品など料金体系が異なるカテゴリは、増税分上乗せされます。

 

個人輸入ビジネスでは、殆ど扱わないカテゴリーなのでそれほど気にしなくても問題ありません。

 

 

 

以上が、消費税増税によるヤフオク!の各種手数料の変更になります。

 

 

まとめると、落札者側の負担は特に無いが、出品者側の負担は若干大きくなると言った状況です。

 

参考:消費税変更にともなう利用料・手数料の「税込価格」について

 

 

有料オプションの終了について

 

消費税増税と同じ時期の2019年09月30日11時より一部のヤフオク有料オプションが終了します。

 

 

対象の有料オプションは、新規出品・再出品・オークションの編集から設定不可となりますので注意が必要です。

 

 

終了する有料オプション

 

終了する対象の有料オプションは以下になります。

 

  • 最低落札価格
  • アフィリエイト
  • 太字テキスト
  • 背景⾊
  • ⽬⽴ちアイコン
  • 贈答品アイコン
  • みんなのチャリティー(※)

※ みんなのチャリティーからの募金対象は、オプション終了予定日時までにオプション設定し出品された商品となります。

※全カテゴリ対象

 

この中で影響が大きいのが『最低落札価格』になります。

 

 

今まではオークションで設定した価格に届かなかった場合、入札者がいても落札されませんでした。

 

このオプションにより過度に低い値段で落札されることを防いでましたが、今後利用出来なくなります。

 

 

サワダ
1円スタート出品したら、本当に1円で落札されてしまったーヽ(゚`Д´゚)ノ゚。

 

なんて事が起こり得ます^^;

 

 

対策としては2つ考えられます。

 

  • 需給と直近の落札価格をしっかりリサーチして、あまりにも低い価格で出品しない
  • オークションでも即決価格を設定して、利益を確定させる

 

 

しっかりとリサーチして売れる商品を仕入れていれば今まで通りでも特に問題ありません。

 

より正攻法でヤフオク!販売を攻略していきましょう^^

 

 

その他の、細かい注意点は以下を参照下さい。

 

◼ご注意

・終了日時を過ぎると、出品時/編集時ともに、終了対象のオプションを設定することができなくなります。

・終了対象のオプションを設定して保存した下書きを利用して出品した場合や、終了日時の直前に出品/編集フォームで終了対象のオプションを設定した場合でも、出品や編集を完了した日時が終了日時以降であれば、オプション設定は反映されません。

・既に設定済みのオプションは、終了日時を過ぎても、引き続き機能します。

・自動再出品時は、「最低落札価格」「アフィリエイト」「みんなのチャリティー」の設定は引き継がれます。

・iOS アプリ、Android アプリに関しては、終了日以降にも終了対象のオプションが設定できるように見える場合がございますが、設定はできません。

参考:出品に関連する一部の有料オプションの終了について

 

 

増税に伴う商品ページ送料について

 

ヤフネコ!パック、ゆうパック・ゆうパケット(おてがる版)を利用する場合は料金の変更がないので特に対応は必要ありません。

 

しかし落札者負担で提携倉庫から発送の場合は、商品ページに記載する送料にも注意が必要です。

 

 

増税のタイミングに沿った送料を記載しないと、

 

  • 商品ページに記載している送料と実際の送料が異なる
  • 落札者とトラブルになる
  • 手数料分利益が減る

 

など起こることが考えられます。

 

 

発送外注化で利用しやすい【オープンロジ】は、増税分上乗せされますので商品ページへの記載に注意が必要です。

 

 

 

この機会に商品ページを見直して間違いが無いかや、ページの作り込みについて考えるきっかけにしても良いですね^^

 

 

 

以上が、ヤフオク!販売における増税と一部有料オプションの廃止の影響についてとなります。

 

 

ちなみに、メルカリは手数料・らくらくメルカリ便共に価格に変更はありません^^

 

 

それでも高額商品は引き続きヤフオク!の方が販売しやすいと思います!

 

 

まとめ

・2019年10月01日の消費税増税により各手数料負担が高くなる
・2019年09月30日11時より最低落札価格のオプションが利用出来なくなる
・変更前に商品ページを見返して送料など記載に誤りが無いか確認する

 

それでは最後までお読み頂きありがとうございました^^)

 

↓ ↓ ↓

【メルマガ登録者限定】
インターネットビジネスの教科書

『ebay輸入マニュアル』を限定プレゼント中♪

最新情報をチェックしよう!
>開始3ヶ月で10万円の利益を出したコンテンツ『ebay輸入ビギナーズマニュアル』

開始3ヶ月で10万円の利益を出したコンテンツ『ebay輸入ビギナーズマニュアル』

複数の収入を得て、理想のライフスタイルを送るためのオンライン教材『ebay輸入ビギナーズマニュアル』をメールマガジン登録でプレゼント中!

CTR IMG
特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー