【モノレート終了】代替Amazonリサーチツール3選を紹介

こんにちは、サワダです。

 

 

モノレートが2020年6月30日をもってサービス終了となりました。

 

 

 

お知らせを見た時は、かなりビックリしました。

 

サワダ
おぉ、、マジかよ。。。。

 

ebay輸入では殆ど利用しませんが、国内せどりや中国輸入を実践している方からはとても衝撃的だったと思います。

 

 

長年利用してきた自分も寂しく感じます。。。(; ; )

 

 

 

終了理由は、「モノレートが、Amazonの規約違反に該当する」との事です。

 

 

Amazonというプラットフォームを利用している以上、こういった事が起こりえますので仕方ないですね。

※物販実践者からすれば、アカウント停止と同様リスクはつきものです。

 

 

無料でここまで利用させていただいていたので、モノレートには感謝の一言につきますm(_ _)m

 

 

とは言っても

 

物販実践者
モノレートが無ければリサーチ出来ない。。。

 

 

と言うことでは問題があります。

 

 

 

 

そこで、このページではモノレートに代わるリサーチツール3選を紹介していきます。

 

 

これを機に様々なツールに触れて、より自分が使いやすいサービスを見つけていきましょう!

 

 

それでは早速、解説開始!

 

 

モノレートに代わるリサーチツール3選

 

 

Amazonリサーチツールとして必要最低限なデータは、

 

  1. 直近の販売データ
  2. 最安値
  3. 出品者数
  4. ランキング

 

となります。

 

これから紹介する3つのツールは、どれもこの基準を満たしています。

 

 

基本的な機能だけなら使い方・見方もモノレートと同じです。

 

 

 

ぶっちゃけると、複雑な機能を利用しないならどれでも大差ないので自分の好みで選ぶと良いと思います^^

 

 

keepa

 

 

 

keepaは様々なデータが用意されている高水準のリサーチツールです。

 

keepaサイトにアクセスして、モノレートと同じくASINを検索するだけです。

 

 

 

 

グラフが大きく見やすいのですが、サイトが動的の為やや反応が重く感じます。

 

 

keepaの一番の魅力は、Webサイトで利用するよりChrome拡張機能での利用となります。

 

拡張機能を入れることでAmazonの商品ページにデータを表示させることが出来ます。

 

 

 

毎回Webサイトにアクセスしなくても、Amazon画面だけでデータを確認する事が出来ます。

 

 

ただし、こちらも毎回データを表示するため商品ページの表示が遅い場合がありますので注意が必要です。

 

 

 

ショッピングリサーチャー

 

 

 

ショッピングリサーチャーも、Web版Chrome拡張版があるリサーチツールになります。

 

こちらもサイトに登録することなく、ASIN検索をするだけで利用出来ます。

※Pro版などもありますが、無料版で十分です。

 

 

 

ショッピングリサーチャーの場合、

 

  • 一ヶ月のランキング下落回数
  • 一ヶ月の保管手数料
  • FBA配送手数料

 

なども、数字で見ることが出来るためとても便利です。

 

 

ただし「仕入れボーダーライン」は余り当てにせず、自分の仕入れ基準でリサーチしましょう。

 

Web版はASIN検索の表示までそれほど時間がかからないのでオススメです。

 

 

 

拡張機能の場合、Amazon商品ページにデータやリンクが表示され、商品名から各販売サイトの出品情報を確認することが出来ます。

 

 

ショピングリサーチャーのChrome拡張機能版も、やや重いので注意が必要です。

 

 

 

DELTA tracer

 

 

 

DELTA tracerもWeb版Chrome拡張版が用意されています。

 

 

 

同じくASINで検索をするだけでデータを閲覧出来ます。

 

 

 

DELTA tracerが一番モノレートに見た目が近いです。

 

 

ただし、Web版・Chrome拡張版ともに表示が遅めとなってます^^;

 

 

 

以上がモノレートに代わるリサーチツール3選となります。

 

 

個人的にはChrome拡張機能ではなくWebサイトの方が表示が早い為、タブを切り替えてASIN検索した方が効率が良いと思います。

 

 

その中でもショッピングリサーチャーがシンプルで表示が早いのでオススメです。

 

 

 

 

 

ただし、モノレートが終了したようにAmazonの情報を利用しているためサービス終了する場合もあります。

 

一つのサイトやリサーチ方法に絞らず、柔軟に対応出来る様に常に新しい情報をキャッチアップしていくと変化の波に乗りやすいと思います^^

 

 

まとめ

・基本機能は同じなので自分の好みのツールを利用する
・モノレート同様にサービス終了する事も考慮する
・個人的にWeb版のショッピングリサーチャーがキレイで反応も早いく使いやすい

 

それでは最後までお読み頂きありがとうございました^^)

 

↓ ↓ ↓

【メルマガ登録者限定】
インターネットビジネスの教科書

『ebay輸入マニュアル』を限定プレゼント中♪

マニュアルの無料ダウンロードはこちら!




最新情報をチェックしよう!
>開始3ヶ月で10万円の利益を出したコンテンツ『ebay輸入ビギナーズマニュアル』

開始3ヶ月で10万円の利益を出したコンテンツ『ebay輸入ビギナーズマニュアル』

複数の収入を得て、理想のライフスタイルを送るためのオンライン教材『ebay輸入ビギナーズマニュアル』をメールマガジン登録でプレゼント中!

CTR IMG
特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー